カマグラゴールドが効く仕組みにはシルデナフィルが欠かせない!

ED治療にはシルデナフィル

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリックであるため、同じ有効成分が含まれています。
カマグラゴールドがEDに効くには、有効成分であるシルデナフィルが欠かせません。

そんなシルデナフィルはどういった成分なのか、どうやってEDに効くのかを見ていきましょう。

カマグラゴールドの有効成分はシルデナフィル

有効成分のシルデナフィル

カマグラゴールドは世界で初めて誕生したED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品です。
有効成分であるシルデナフィルは、もともと狭心症の治療薬として薬の開発が行われていました。
その開発の過程でシルデナフィルがED治療にも効果があることがわかり、世界で初めてのED治療薬としてバイアグラができました。その後カマグラゴールドをはじめとしたバイアグラのジェネリックが開発されていったのです。

もともとは狭心症の薬として使用されていた

シルデナフィルがEDに効く仕組み

シルデナフィルがED治療に効くワケ

カマグラゴールドの有効成分であるシルデナフィル。
そんなシルデナフィルはどのようにしてEDに効果をあらわすのでしょうか。

勃起には、血管を拡張して血流をよくする働きのある環状グアノシン―リン酸(cGMP)と、cGMPを分解してしまうホスホジエステラーゼ5(PDE5)が関係しています。
EDは性的刺激・興奮を受けた時に、cGMPよりもPDE5が多く分泌されることにより、勃起に必要な血管拡張・血流増加が行われないことから起こります。

シルデナフィルには、PDE5の働きを阻害する作用があります。
そのためシルデナフィルを有効成分に含んでいるカマグラゴールドを服用すると、PDE5の働きが抑えられます。するとcGMPの分泌がPDE5より少なくても、働くことのできるcGMPが働くことのできるPDE5よりも多くなるため、うまく血管拡張・血流増加を行うことができ、勃起に必要な血液を性器へと運ぶことができ勃起が可能となるのです。

血管拡張・血流増加の手助けをする

カマグラゴールドは何回でも服用できる?

カマグラゴールドは何回でも服用できるのか

薬を服用し続けると、体が慣れてしまい効果が効かなくなったり、依存してしまったりするといった話はよく耳にします。
いざとなった時に効果を得られなかったり、依存してしまってカマグラゴールドなしでは勃起できなかったりといった状況になるのは嫌ですよね。

しかし、カマグラゴールドは効果が効かなくなることもなければ、依存性もありません

カマグラゴールドが効かなくなることはない

薬が効かなくなるというのは、人の体がその薬に対して耐性をつけたと考える人が多いですが、それは誤解です。
実際は細菌やウイルスが薬に対して抵抗力を持つようになるため、薬が効かなくなるのです。

薬が効かなくなるのは細菌やウイルスといった生物であり、シルデナフィルは酵素であるPDE5に作用しPDE5は生物ではないため、薬に対して耐性を持つことはありません
耐性を持つことはないPDE5にはシルデナフィルが効かなくなることはないため、シルデナフィルを有効成分に持っているカマグラゴールドが効かなくなるということはないのです。

薬が効かなくなるのは生物が薬に対して耐性を持った時のみ
シルデナフィルが作用するPDE5は生物ではないため耐性を持たない

カマグラゴールドに依存性なし

薬は服用し続けると依存してしまいますが、それは一部の薬だけです。
依存性のある薬とは、脳や神経に作用する薬です。
服用することで脳に変化があらわれ、服用を我慢することができなくなっていき、依存症になってしまいます。

しかしシルデナフィルは、脳や神経ではなく酵素であるPDE5に作用します。
そのため依存性はなく、継続してカマグラゴールドを服用することができるのです。

脳や神経に作用する薬は依存性あり
シルデナフィルは酵素に作用するため依存性なし