気になるカマグラゴールドの副作用は?副作用はなぜ出る?

カマグラゴールドの副作用と理由

薬を服用する時に気にしなければならないことは薬を服用することで起こる副作用です。
どんな薬であっても多少の副作用はつきもの。ものによっては大きなリスクを伴うこともあります。

自分が服用しようと考えている薬にはいったいどういった副作用があるのかをきちんと知り、得られる効果とそれに対する副作用を比較し、それでも効果を得たい場合のみ服用するようにしましょう。

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの副作用

1%以上 ・ほてり
・潮紅
・頭痛
0.1~1%未満 ・動悸
・めまい
・消化不良
・鼻炎
Etc.
0.1%未満 ・神経症
・便秘
・射精障害
・眼乾燥
Etc.
頻度不明 ・失神
・鼻出血
・突発性難聴
・過敏性反応
Etc.

カマグラゴールドの服用により引き起こされる副作用は上記のとおりです。
その中でもほてり・潮紅・頭痛は起こりやすく、服用するとこれらの症状が1つないしは複数出ると考えておきましょう。

その薬の効き目から、カマグラゴールドはバイアグラ同様に副作用を引き起こしやすくなっています。
事前に副作用が起きるとわかって服用する場合と、なにもわからず服用する場合とではいざ副作用の症状が出てしまった時の心の持ちようが変わってきます。
服用するときは副作用は起こるかもしれないという気持ちで服用するようにしましょう。

カマグラゴールドの副作用の発現頻度は高いものの、症状はそこまで強くはなく薬の効果が切れる頃には治まることがほとんど。
しかし、場合によっては効果が切れても副作用の症状が続いたり、徐々に症状が悪化していったりすることもあるので、そういった場合はただちに病院で診察を受けるようにしましょう。

重篤な副作用

・不整脈
・記憶力低下
・呼吸障害
・心筋梗塞
・持続勃起
・視力低下
Etc.

頻度はごく稀にですが、上記のような重篤な副作用が出てしまうことがあります。
これらの症状が出てしまった場合は、速やかに病院へ行き診察を受けましょう。
この時、なにかあっても対応できるようできるだけ早く、付添いの人や看護師にカマグラゴールドを服用したことを伝えておくことが重要です。

カマグラゴールドを服用するとなぜ副作用は起こる?

副作用が起こるワケ

血管拡張とそれによる血流増加

カマグラゴールドは副作用の出やすい治療薬ですが、副作用はなぜ起こるのでしょうか。
それはカマグラゴールドの作用が関係しています。

カマグラゴールドを服用すると、血管が拡張されて血流がよくなります。すると、勃起に必要な血液が性器へと流れ込み勃起するのです。
このとき、血管拡張によって血流が増加する作用は性器だけではなく、体中で引き起こされます。
それによって副作用の症状があらわれるのです。

頭痛→脳内に血管が拡張されて周りの神経が刺激され起こる
潮紅→顔や体などの血管が拡張されて血流がよくなるため、皮膚が赤らむことで起こる
ほてり→体中の血管が拡張されて血流がよくなり熱を生み出すことで起こる