カマグラゴールド服用で起こる副作用の軽減方法

副作用の軽減方法

カマグラゴールドは絶大な勃起力を得られる反面、副作用が出やすい傾向にあります。
服用した人の8~9割がなんらかの副作用を感じるため、症状が出ることはめずらしいことではありません。

カマグラゴールドを服用する時は、なんらかの症状が出ると考えて服用しましょう。

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの主な副作用は次のようになります。

・ほてり
・潮紅
・頭痛
・動悸
・めまい
・吐き気
Etc.

これらの副作用はカマグラゴールドを服用した多くの人に見られる症状です。
1つないしは複数の症状が出るものと考えておきましょう。

副作用を軽減させる方法

軽減する方法

カマグラゴールドは副作用が出やすい薬といっても、その度合いはさまざま。
副作用が出てしまうとそれに気がいってしまい、なかなか性行為に集中しづらいという人もいます。
だからといってカマグラゴールドを服用しなければ、勃起しにくいためそもそも性行為ができない。

ではどうすればいいのでしょうか。
副作用の症状を軽減することができれば、症状を気にすることなく性行為を行うことができます。
そこで副作用に悩んでいるという人は、副作用の軽減方法を確認していきましょう。

服用量を減らす

副作用が出てしまうということは、もしかしたら服用量が合っていない可能性があります。
また1日に定められている上限量以上に服用している場合もあるため、自分の服用量を確認しましょう。

カマグラゴールドの1日の上限量は100mgです。
しかしそもそもカマグラゴールドは外国人向けに製造されているため、外国人より小柄な日本人の服用推奨量は25~50mgとなっています。

これらを踏まえた上で、100mg以上を服用してしまっている人は1日の服用量を100mg以下にしてください。
また上限を守った上で副作用が気になるという人は、100mg→75mg→50mg→25mgと量を減らしてみましょう。

効果を得ながら副作用が気にならない、もしくは副作用がないといった状態がベストです。

1日の上限量は100mg
100mg→75mg→50mg→25mgと減らしていく

食べ物を食べてから服用する

カマグラゴールドは、有効成分であるシルデナフィルが食事の影響を受けやすいため、空腹時の服用が基本となっています。

しかし副作用が強いという人は、食事をとってから服用してみましょう。
食事といっても、がっつりとした食事だとシルデナフィルがなかなか体に吸収されず効果を発揮することができないため、軽い食事がオススメです。
軽い食事はうどんやゼリー、スープなどといった消化のいいものを選び、シルデナフィルの吸収を少量だけ抑えるようにしましょう。

食べる量や服用するタイミングを調整するのも一つの手です。

消化のいい食事をする
食べる量や服用するタイミングを調整

胃薬や頭痛薬を併用する

副作用の症状が吐き気や頭痛といった場合は、胃薬や頭痛薬を併用しましょう。

吐き気はシルデナフィルの血管拡張作用によって起こります。血管を拡張させると胃の中のものを逆流させないように働く平滑筋という筋肉も緩和されます。すると、胃の中のものが逆流気味になり吐き気をもよおすのです。
頭痛もシルデナフィルの血管拡張作用によって起こります。血管拡張作用は全身で起こるため、脳の血管も拡張されます。すると拡張した血管が神経を圧迫するので頭痛を起こすのです。

胃薬や頭痛は、シルデナフィルの作用に影響がない作用の仕方をするため、カマグラゴールドの作用を阻害することなく症状を抑えることができます。

胃薬や頭痛薬を併用する
作用の仕方が違うためお互いに効果を打ち消し合うことはない